#17 【美人服レシピ】永遠の定番!ミモレフレアスカートの作り方

#17 【美人服レシピ】永遠の定番!ミモレフレアスカートの作り方

こんにちは、”美人服”洋裁師の山﨑ゆきこです。着る人を美人に見せる”美人服”を作る洋裁師として、型紙ショップ洋裁サロンを運営しています。

こちらのブログ「美人服を作るための洋裁レッスン100」では、一級技能士が、洋裁に役立つ情報や簡単レシピをご紹介しています。

今回は、美人服の定番「フレアスカートの作り方」をご紹介します。

季節の始まりは、流行も分からないし、自分のワードローブも忘れていて、どんな洋服を作ろうかと迷ってしまいませんか?

そんな時は、とりあえず定番アイテムを作ることをおすすめします。流行に頭を悩ませるよりも、定番アイテムを作っておけば、必ず出番がやってきます。あれこれ考えていたら、すぐに次のシーズンになってしまいますよ!

定番スカートの中で、今おすすめなのが、長さ70cm前後のミディフレア。ふくらはぎの中間まである少し長めの丈が、イマドキのちょうど良いバランスです。脚を程よく隠しながらも重くならなず、女性らしいコーディネートを完成させてくれます。

ウエストベルトにグログランテープを使った、簡略レシピをご紹介します。ビギナーの方には、コンシールファスナーが難所ですが、ファスナー付けは避けては通れないテクニック。動画を見ながら、是非マスターしてください。

 


♦︎材料

ミモレ丈のフレアスカート作り方と無料型紙

  • 生地 幅110cm以上 Mサイズ 160cm Lサイズ 170cm
  • 鍵ホック 1個
  • コンシールファスナー 22cm 1本
  • グログランテープ(ウエストベルト用) 2.5~3.5cm幅 Mサイズ150cm Lサイズ160cm

*生地が透ける場合は、表地と同量の裏地が必要です

 

 


♦︎素材ミモレ丈のフレアスカート作り方と無料型紙

サンプルでは、ポリエステルのフロックジョーゼットに透けない裏地を重ねています。

フレアスカートは、フレアラインが綺麗に出ることが大切です。生地を手で持って見て、生地の落ち感を確認してください。

 

◎化繊

化繊には様々な種類があります。ハリが小さく、落ち感のある素材を選ぶと、フレアラインが綺麗に出ます。

 

○ダンガリー、デニム

薄手の方がフレアが綺麗に出ます。ジーパンのように厚手のものは不向きです。

ミモレ丈のフレアスカート作り方と無料型紙

 

○ウール

ハリのない柔らかなものを選びましょう。

ミモレ丈のフレアスカート作り方と無料型紙

 

生地を買うなら日暮里繊維街がおすすめです。

日暮里ナビはこちらをチェック【日暮里繊維街の歩き方】

 


♦︎裁断

下準備

家庭で洗濯する素材の場合は、裁断前に水通しをしておきましょう。

詳しい手順はこちら:どうして生地には水通しが必要?

ミモレ丈のフレアスカート作り方と無料型紙

*縫い代を含んだ数値です

 


♦︎作り方手順

step 1 かがりミシン

サイドにかがりミシンをかけます。

 

step 2 サイド

片側の脇を、ファスナー止まりまで縫います。(上から19cm開けておく)縫い代1.5cm

アイロンで縫い代を割ります。

 

step 3 ファスナー

ファスナーを付けます。

詳しい縫い方はこちらの動画を御覧ください。

 

step 4 サイド

もう一方の脇を縫って、筒状にします。縫い代1.5cm

アイロンで縫い代を割ります。

 

step 5 ウエストベルト

グログランテープを二つに折って、スカートに縫い合わせます。縫い代1cm

二つに折った輪の部分を、後ろスカートの端に合わせて縫い始め、縫い終わりは3cm持ち出して、端を内側に折り込みます。

ミモレ丈のフレアスカート作り方と無料型紙

 

step 6 鍵ホック

ウエストベルトに鍵ホックを付けます。

ミモレ丈のフレアスカート作り方と無料型紙

 

step 7 裾

裾をアイロンで2.5cm折り返し、手でまつります。
縫い代を縮ませるようにアイロンをかけると、綺麗に裾が折り返せます。

カジュアルに仕上げたい場合は、ミシンでステッチします。

裏地を付けた場合は、裏地を表地より15cmほど短く仕上げます。

ミモレ丈のフレアスカート作り方と無料型紙

 


♦︎フレアスカート

ミモレ丈のフレアスカート作り方と無料型紙太っているから黒しか着ない、お尻の形が悪いからチュニックで隠す。そんなネアティブな先入観で、自分の洋服に縛りを作っていませんか?

脚に自信がないからパンツしか履かないじゃもったいない。体型に合ったデザインをチョイスすれば、どんな女性もスカートも素敵に着こなせます。

では、どんなデザインを選べば良いのでしょうか。フレアスカートやギャザースカートの場合は、ボリュームと長さがポイントです。

すっきり細く見せたい場合は、ボリュームを控えめに。ハリがなくストンとした落ち感のある素材が理想です。反対に、ボリューミーなものを選べば、ゆったりとエレガントな雰囲気になります。

スカートの長さは、身長や脚の形によって決まります。ふくらはぎが太い、足首がくびれていないなど、人によって悩みは様々です。色々試して、自分に似合う丈を探ってみてください。似合う色と同じように、自分の黄金バランスを知っておくと、ファッションに自信が持てます。

隠すための装いではなく、その日を楽しむために、その季節を味わうために洋服を作ってみてください。次はどんな場所にどんな洋服を着て行こうかと、洋服作りのアイデアがどんどん湧いてくるようになりますよ。

 


こちらのレシピは、ピボットパターンが著作権を有しています。

こちらのレシピは、個人利用に限りご利用いただけます。また、ハンドメイドマーケットやバザーなど、個人取引で販売される場合にもご利用いただけます。出品する際は、下記の内容をご明記ください。

  1. 「© 2012 pivotpattern  All Rights Reserved」と明記してください。
  2. URL「http://pivotpattern.com/」を明記してください。

洋裁型紙通販

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA